税理士 選び方

事業資金の調達方法は様々、最も有利な融資を教えてくれる税理士さん

Aさんは中小企業の社長をしています。いつも運転資金の必要に迫られて金融機関を駆けずり回っています、ところが苦労の割になかなか条件の良い融資は受けるのが難しいといいます。金融機関からの融資を受けるにはコツがあるのです。なかなか普段の仕事に忙しい社長さんにはそのコツがわかりませんでしたが、ある時知り合いの税理士事務所の先生と話していていろいろ参考になる話を聞きました。

それからというものこの会社では良い融資を受けることができるようになりました。金融機関から資金調達をするにはコツがあるのです。B税理士事務所は金融機関からの融資を取り付けるのが得意で何件も成約しています。飲食店を経営しているC社の社長は社屋の増設に伴う資金調達を模索しておりB事務所に相談のところ融資が実現しました。

B事務所は日本政策金融公庫や保証協会のような公的金融機関、また地元の金融機関と長い信頼関係を築いているためにこのような融資の実現が専門なのです。地元の商工会の経営指導者として培った経験が豊富で多くの融資実績を収めています。資金調達をする場合、最初は公的なところが向いています。こうして実績を積みながら民間金融機関を利用することが良いのです。

公庫の融資の条件は固定金利で長期返済が特徴です。中でも特定分野、IT投資やエコ関係、ソーラー発電などであれば通常より低利の融資を受けることができます。不動産などの担保があればさらに金利面での優遇措置があります。経験豊富なB事務所であればこういう手続きが非常に得意で、経営者は日常の仕事に打ち込むことが可能となります。運転資金の調達は税理士事務所の活用から。

あなたの会社には就業規則はありますか?作り方は税理士まで

就業規則の作成は労働基準法で定められています。あなたの会社には就業規則はありますか?労働基準監督署の立ち入り調査があった時に就業規則がないと改善への行政指導を受けることになります。規模が小さい会社だから勤務時間とか賃金体系を適当に作っておいたから大丈夫とか考えていると大変なことになります。一度税理士の先生とよく話し合ってみましょう。

10人以上の労働者を雇用している事業所では就業規則の作成と監督署へ提出が法的に義務つけられています。いやいや、うちは10人以下だからなくても大丈夫と思っているとこれもだめです。ある町工場の社長さんの話、先日労働基準監督署が来ていろいろと調べていったが、就業規則のないことを指摘されてえらい目にあった。自社は8名の社員しかいないから大丈夫と思っていたが、後日必ず提出するようきつくお叱りを受けてしまった。

と、いうものです。仕方なく知り合いの税理士に頼んで見本を見せてもらったら簡単だが大事なことが書かれてあり、ただちに作成し提出したら、これで結構ですと言われ一件落着しました。もっと早くやっておけばよかったと思いました。やはり、税理士さんと仲良くしておくことは重要だと認識した次第です。このように仕事はできても肝心の会社として法的に必要なことをよく知らない経営者は結構多いものです。

税理士と顧問契約を結んでいるとこんなことは起きないかもしれませんが法令遵守のためにも専門家との共同作業が大切です。わからないことは税理士事務所へ。

税理士さんのアドバイスで公的助成や補助金を手に入れよう

社員を採用するときに、ただ採用するだけにしていませんか?採用だけならだれにでもできますが、その時に何か公的な助成があれば良いですね。そんな時にも活用したい税理士事務所です。社員の採用に伴う助成、補助金にはどのようなものがあるでしょうか?まずは、若年者等トライアル雇用です。管轄のハローワークに申請して募集します。社会経験が少なくて就職が難しい人を対象にした制度です。

期間は3か月間、トライアルでの雇用をすることによって、正規雇用へのきっかけが目的です。要件として年齢が45歳未満であること、経験が浅く、今までに経験のない職種や業務で長期的に雇用を希望する人、現在失業中の人等々です。手続きとしてはハローワークにトライアル雇用の求人募集を提出します。ハローワークからの紹介で雇用し、該当者一人あたり、一か月4万円、最高12万円が支給されます。

注意点はハローワークから紹介を受ける前に該当者と採用の約束をしていないこと。雇用保険の街頭事業主であること。事業主の都合により雇用保険の被保険者を解雇等していないこと。該当者の勤務状況や給料の支払状況を記録した書類を管理していること。トライアル雇用の期間中、該当者の給料を支払期日までに支給していること。以上の要件のほかにいくつか条件があります。

この助成金は永続的なものではなく、制度が変更される場合があります。前提として雇用助成金の受給には雇用保険の事業主であることが必要条件です。この制度を利用するためには、会社を設立し、雇用保険の当該企業である資格を得てから従業員を採用する見通しを立てて、その後、職業安定所へ申請を行なわなければなりません。

企業経営は人作り、後継者の育成から社員教育まで何でも分かる税理士

企業経営を継続させるとき一番大切なのは後継者の育成です。税理士事務所のアドバイスで社員教育や研修のコツを教えてくれます。評価の基準を明確にして、正しく公平に評価売れば従業員のモチベーションは向上します。まず行うことは経営者であるあなたの想いを文字にしてみましょう。あなたが目指していること社会に貢献したいことなど、あなたが起業した時のことを思い出してみてください。税理士は次のようにアドバイスします。

評価が公平・公正であること、業務の成果と貢献度が一致していること、基準が明確であることなどです。評価基準を定めましょう。その基準を判定できる人材を育てよう。社員の愚痴は何でしょう?自分は正当に評価されていないのではないか、もっと良い評価を与えられてもよいはずだ。対して貢献していない人が昇給しているのではないか?などなどです。

こんな空気が蔓延していては会社に来てもやりがいがありません。税理士事務所に依頼して評価制度を見直し、だれが見ても公平な基準を作りましょう。人材育成を主目的とする給与制度を作りましょう。賞与に関しては実際の決算利益に連動した業績連動の構築を依頼し、自社に導入をしてもらいます。従業員を評価する人の教育が重要です。考課者訓練を依頼してやりがいを発揮できる企業風土を醸成しましょう。

経験の深い税理士事務所では依頼企業のタイプに見合った形の研修制度を構築してくれます。税理士とともに発展する企業を作りましょう。

自営業の皆様に、企業は人なり、人材採用のコツは税理士の助言から

社員採用に悩む中小企業の経営者は多くいます、このような場合でも税理士事務所に相談すると良い結果が得られます。人材を求めるときに大企業ではもっぱら、変な色のついていない新卒者を採用し組織強化を図りますが、自営業を始めとして中小企業の多くは知名度や待遇面でも大企業のようなことはできません、また新卒者をじっくり育てる余裕もないのが現実で、即戦力となる既卒者や社会人経験者を中途採用したいものです。

具体的には自社の現況を把握しどこの部門にどのような人材を何人採用すればよいのかを確認することです。今の顧客がどうなっているのか、市場環境などの外的な要因はどうか、ヒト、モノ、金はどうなっているかを数値で表します。このような現状分析を行い中期経営計画により自社の現在と将来のあるべき姿との差を埋めるために人材採用によりどうしていくかの指針と行動計画を立てます。このガイドラインに基づき未来の成長を約束できる企業体質を創る為の採用計画を作ります。

採用計画ができればそれを社内に説明し会社成長のためにこのような採用計画を行うことを経営者層から中堅社員を初めとして社内に浸透させ全社的なプロジェクトにします。全社員の認識を共有化します。その場合あり得るものとして古参社員などからの反対意見です。自社の規模から考えてそのような採用計画は無謀ではないかとか、現状の人員の待遇に影響しないかとかどうしてもこういう意見は出てきます。

経営者としてはそういう意見は大事にしつつも将来の発展のためにはどうしても必要であることを納得のいくまで説明する責任があります。税理士事務所のアドバイスを受け、他社成功事例などを披露してもらうことも必要ですが、自社に最も最適な採用計画であることを十分社内の根回しをしましょう。

社会保険のことは税理士に任せて安心、社員のために

あなたが起業して経営者になった時にどのような準備をするのでしょうか?事務所の契約?事務用品の購入ですか?名刺の印刷とか営業車両の購入?そんなことをする前にもっと大事なことを忘れていませんか?経営者であるあなたが万が一不慮の事故や災害にあったり取引先の倒産や経営危機に影響を受けての連鎖倒産などに備える各種の保険が必要です。税理士事務所は社会保険労務士が勤務しているところが多くこのような問題に的確に答えてくれます。

健康保険に関しては社会保険、国民健康保険、任意継続保険等があります。年金では厚生年金、国民年金等のそれぞれの年金基金、また各種免除制度も見逃せません。もちろんこれらの手続きは直接自分でも可能ですが、忙しくまた人手の少ない中小自営業者は往々にして疎遠になりがちです。経営者自身はもちろんのこと従業員のためにも間違いのない手続きが必要です。そのためにも税理士事務所を活用しましょう。

税理士事務所に勤務している社会保険労務士は常に最適な制度の活用が出来るように提案ができます。各種保険の種類は下記の通りです。生命保険、事業を推進するときに発生する各種のリスク防衛には損害保険が必要です。退職年金の財源を確保するためには生命保険・損害保険など総合的に判断します。その他にも小規模企業共済制度をうまく活用することは経営者の退職金準備に必要です。この掛け金は所得税法上全額が所得控除できます、高い節税効果があり、利回りも高いものとなっています。この制度を取り入れている税理士事務所を選びましょう。

ITの活用で先進経営、税理士の指導でスキルを磨くIT経営

ITを活用した経営改善のコツは税理士事務所のアドバイスを受けることです。業務の推進に無駄を省くためにITを活用しましょう。利益が出やすい経営体質になります。利益を出しやすくするためには定常的に発生する固定費を下げれば損益分岐点売上高が下がり、利益が出やすくなります。通常の人員体制で業務を行っているので突発的に発生する仕事は処理しきれなくなることがあるが、その仕事は一時的なものなので人を増やすことはできない。

また、担当者が病気や事故で長期の休暇を取った場合の間だけ応援がほしい、システムの更新を行うときにだけ人手が必要。そのような時には税理士事務所の指定の会計事務の代行を頼みたい。税理士事務所指定の会計ソフトを使う、資料の整理、ファイリング、仕分け作業や個別試算表の作成、勤務記録の作成、給料計算、明細書の作成、支払業務、買掛作業、売掛債権の管理業務等々を機械処理化する。また、経理システムの導入に当たり改善提案を受け現状把握や改善点、問題点の抽出、企業に適切なソフトの選択、導入までのスケジュール管理と担当者への研修など。

更には継続的なシステムの安定稼働の監視業務。これらの案件に適した対象企業像は、小売業やサービス業飲食店など、経営者以外に経理のできる人がいない、年商は数千万程度で従業員数は10人程度の会社。税理士事務所はこのようなサービスを提供するために提案案件の説明、要件の確認を行う。また、現状把握し、週に何日程度訪問すればよいかなどを打ち合わせる。自営業の多くは専門分野には詳しくても経理業務には疎いという人が少なからずいます。しかし、企業経営において経理の重要性を理解しないとにっちもさっちもいかなくなります。

せっかく立ち上げた会社も毎月のお金の流れがわからない、儲かっているのか損失なのか不明である。これでは何をしていることやらです。このようにして税理士事務所の能力を活用し、業務の遂行にIT化を推進しましょう。

いざという時の税理士事務所、備えあれば憂いなし経営危機に備えよう

経営危機に備えるために。特に個人経営者にとっても会社は永続的な発展が求められます。経営者が万が一の事故や災害に遭遇したとき、すぐにも会社経営の維持が難しくなります。そうなるとただちに社員やその家族は生活に困ることになります。このような経営上のリスクから会社や社員を守るために経営者の生命保険や損害保険を活用します。税理士事務所に顧問契約をしていれば常に経営状況を把握しているので、どういう保険に加入すればよいかとか適切な保険の契約に判断できる立場にあります。

税理士事務所の経営指導の一つとして保険の活用によるリスク管理の提案を受けられます。また、経営者の事故以外にも取引先の倒産の影響を受けての連鎖倒産など自社だけでは解決し難い場合も考えられます。販路を特定先への集中を避けたりする、分野を変えての多角経営等リスク回避の方法は様々です。企業経営に精通した税理士事務所の活用こそがあなたの会社の永続的な発展の礎となるものです。具体的な倒産への備えは何をすればよいでしょうか
日々の経営分析と経営指標の収集。常日頃より重要なものとして次の資料を揃えることです。

公正な第三者(興信所等)による取引先の信用情報.・インターネットでの情報収集も必要。 決算資料としてB/S、P/L、資金繰り表 会社四季報や有価証券報告書などの公表情報 公的な情報として.法人登記簿謄本 不動産の登記簿謄本 .不動産の評価証明書 就業規則・労働協約などの社内諸規定 取引銀行・預金口座 通帳、印鑑類 会社の売掛債権一覧・財産一覧表、買掛先一覧等々。これらの資料を手元に置き常に内容を更新しておくことなどが肝心です。

成功の秘訣は税理士事務所の活用から、経営者の有力な助っ人です

事業経営を赤字の発生もなく続けていくのは至難の業ですが往々にしてやむなく赤字決算をせざるをないことがあります。中にはわざと赤字決算にして申告所得をマイナス計上し、納税を免れようとする経営者も珍しくありませんが、本来利益が出ているのであればそんなことはしないに越したことはありません。そうは言っても頑張って仕事をしても常に黒字になるとは限りません。経営の専門家である税理士のアドバイスでは、赤字はすぐに解消しましょうと言っています。それにはまず、自己資本比率を高めていくことにあります。

経営計画の詳しいものを取り決めることが大事です。今までの感とコツに頼る経営から経営計画の立案へ移行すること、売り上げ、仕入れ額経費進捗等、数値による事業の実践です。他には人件費の見直しや節税、利益の出る事業体質への改善。しかし、経営には数値化できる部分とできないところがあります。各期の純利益を確保して借入金の解消や株式配当もできるようになります。各経営項目ごとに数値化できる目標を立て、目標に従って経営推進をします。また、売掛金と買掛金のバランス、借り入れと返済の資金計画、設備に関する投資計画の算定などです。

数値化しにくいものは人に関する改善検討箇所、従業員教育や後継者の育成などにも注力すべきです。人材育成には階層毎の研修や表彰制度なども合わせ、一体感を持った経営目標の策定が利益の出る体質の醸成となります。経営者と従業員が協力し合い目標を達成する職場環境の構築が肝要です。

税理士さんに聞いてみて良かった、経費を増やして節税を!

毎年納税の時期になるといつも何とかもう少しでも税金が少なくならないかと思います。でもルール通りに申告すると結構な額になります。そこで一度税理士さんに相談しました。すると、大変少なく納税を済ませることができました。別に脱税をしたわけではありません。正しく申告しました。それではどうすれば納税額を減らすことができるのでしょうか?脱税ではなく節税をするためには経費を増やすことですが、その為には何をすれば良いでしょうか?納税額は次の通りです。

売り上げから経費を引いたものが所得で、その所得から各種の所得控除を除いたものが課税所得となります。この課税所得に所定の税率を掛けたものが所得税となります。自営業の場合、経費とは事業をするために必要な仕入れ費用、交通費や賃貸料、光熱費、通信費のような各種の経費を合計したものです。ではどうすれば納税額を少しでも減らすことができるかは、一目瞭然。納税額を減らすには課税所得を減らす。更に課税所得を減らすには所得を減らし、いろいろな所得控除を増やせば良いのです。

ところで経費として求められるものは何があるでしょうか?次にあげるものが経費です。家賃:自営業では自宅を事務所に使用していた場合、部屋の占有面積によって割合を出します。住宅ローンがある場合は、その利息だけが経費となります。火災保険はも同じように事業に必要な部分が経費となります。水道光熱費や通信費も、自宅兼用の時は同じく仕事に使う比率を計算します。携帯電話代は仕事用とすれば、経費にできます。

サイトマップ